読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

前職はスーパーの店員-香月良仁

香月 良仁 かつき・りょうじ

1984年1月22日生まれ 福岡県出身

180cm 82kg 右投げ右打ち

柳川高-第一経済大-熊本ゴールデンラークス-千葉ロッテマリーンズ(2009〜2016)

※通算成績 65登板 4勝3敗1S 3ホールド 94回1/3 防御率4.58

 

柳川高校時代は春の選抜大会に、兄の香月良太と共に出場。

卒業後は大学を経て社会人へ。

 

入社したのは「鮮ど市場」というスーパーを経営する企業で、この会社が発足した熊本ゴールデンラークスというチームに入団。

会社で香月に与えられた仕事は、スーパーの惣菜売り場でコロッケを揚げるというものだった。

 

同チームではエースとして活躍し、都市対抗戦にも出場。その実績を買われて2008年にロッテからドラフト6位指名を受ける。

 

1年目から二軍で9勝を挙げる活躍を見せたが、一軍登板はなし。

2年目の2010年に初勝利を挙げるが、シーズンでは3登板、防御率10.45に留まる。

 

この後、4年目の2012に二軍で6勝0敗の成績を残すが一軍登板は2試合。2014年も二軍で42試合登板して最優秀救援賞を獲得するが一軍では2登板と、なかなかチャンスをもらえない。

 

ようやく登板機会をもらえたのが2015年。中継ぎとして40試合に登板し、防御率4.92と結果を残した。

 

真上から投げ下ろす特徴的なフォームで、スライダー、チェンジアップ、カーブ、シュートと球種は多い。ストレートこそ速くないが、これらの球を低めに集めて抑えるタイプだった。

コントロールの良さはピカイチで、与四球が少なく高めに浮く失投もあまり見られなかった。

 

だが、オフに左足靭帯を断裂。リハビリには苦労したようで、翌2016年は本調子ではなかった。11試合に登板し、防御率8.44の成績。怪我の影響による不振ではあったが、オフに自由契約となった。

 

なかなかチャンスが無かったり、活躍した直後に怪我をしたりと不運だった印象がある。真上から投げ下ろす豪快なフォームにも関わらず、コントロールがいいというギャップも面白かった。

 

引退後はゴールデンラークスに選手として復帰することに。

 


※参考文献 元ロッテ・香月良仁のプロ野球人生#2 隠していた左足の靭帯断裂、トライアウトを受けなかった理由