職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

MAX159km(?)の速球派-森本将太

森本 将太 もりもと・しょうた

1992年5月25日生まれ 福井県出身

173cm 70kg 右投げ右打ち

福井工大福井高-福井ミラクルエレファンツ-オリックス・バファローズ(2013〜2016)

※通算成績 27登板 2勝1敗0S 31回 防御率6.68

 

高校卒業後、独立リーグ福井ミラクルエレファンツに入団。2年間在籍したあと、2012年のドラフト5位でオリックスに入団。

1年目から開幕一軍を掴み取り、開幕2戦目のロッテ戦でプロ初登板。1イニングを無失点に抑えた。

 

とにかくストレートが速い選手で、スライダーのキレもいい。「こんな選手が5位まで残っていたのか」と思うほどだった。

しかし、打者からはそこまで速さを感じなかったのか打たれることも多かった。さらに制球も悪く、4月に失点がかさむと二軍落ち。

夏場に一軍に戻ることもあったが、最終的には25試合投げて防御率5.90といまひとつな成績に。

 

ちなみにこの年の7月に行われた西武戦で159kmを記録。誤計測だろう、ということになったが、かなり速い球ではあった。

 

2年目も2014年は一軍登板なし。二軍でも20試合投げて防御率6.12と不調だった。詳細などは不明だが、この年は肘を痛めていたと聞いたことがある。

さらに3年目の2015年も2試合の登板に終わり、2016年も一軍登板ゼロ。

二軍でも23試合で防御率7.94という成績で、オフに自由契約となった。

 

肘を痛めて以降の投球を見たことがないが、この影響で成績を落としたことも考えられる。

ストレートの速さとスライダーのキレは抜群だっただけに、楽しみな投手だったが……。