職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

琉球左腕-川満寛弥

川満 寛弥 かわみつ・ひろや

1991年3月4日生まれ 沖縄県出身

186cm 80kg 左投げ左打ち

宮古総合実高-九州共立大-千葉ロッテマリーンズ(2013〜2016)

※一軍出場なし

 

大学時代に日米大学野球の選抜に選ばれるなど、福岡六大学野球リーグで活躍。

2012年ドラフト2位でロッテに入団。

 

九州共立大の監督から「1年目はじっくりと育ててくれ」と”注文”があったように、素材型の左腕で、しなやかなフォームが特徴。

球速はさほどでもないが、大きなカーブを生かした緩急の差で勝負するタイプで、”杉内二世”と呼ばれたことも。

 

1年目は監督の言葉通り、二軍でもわずか5試合の登板に留まり、体力づくりに勤しんだ。2年目もわずか6試合の登板。

ただ、そろそろ実戦で投げ始めたい3年目になっても、9試合の登板に終わる。さらに成績も19回2/3を投げて与四球23、防御率10.98というもの。制球に課題を残した。

 

この辺りで「一度使うだけ使って見極めよう」ということになったのか、4年目の2016年は一気に登板数が21に増えた。

しかし、100回1/3を投げて被安打103、与四球63、防御率5.02と結果を残せず、一軍登板もなかった。

一応奪三振85と三振を奪う能力は見せつけており、一度くらい一軍で試してもよかったように思うが、伸びしろがないと見限られたか。

 

それにしてもイ・デウンもそうだが、一軍で使わずオフに自由契約にする投手をなぜ二軍でここまで投げさせるのか……? 編成、一軍、二軍でしっかり連絡が取れているのかどうか疑問。