職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

沢村栄治に関する記事

※前ブログより転載

沢村栄治に関する古い記事を見かけたので、紹介する。
1938年9月11日の読売新聞より。戦地での澤村に対するインタビュー。

澤村「出征してから野球のことはまるで忘れてしまった。“お前は身體が大きいから弾のあたり工合がええぞ”と脅かされて来たが運がよいか、かすり傷一つ負はん、だが中山が負傷した、三原さんが負傷した、今度はワシの番かな、ハ、ハ、ハ」

1939年1月5日の読売新聞より。戦地での澤村に対するインタビュー。

澤村「僕なんか左手の負傷でまったくもったいない位の軽傷だ、もう弾も破片も抜いちまって何ともないのだがたゞ左手の中指が思ふように動かないので困っている、でも右腕は大丈夫だから今一度プレートに超つ自信は十分に持っている」

1939年8月2日の読売新聞より。澤村、戦地より帰還。

一昨年夏、勇隊出動昨年9月北支の戦闘で名誉の重傷を負った横田部隊○○銃澤村栄治上等兵はけさ帰還。 
澤村「自分のごく親しい戦友三人とも戦死してしまひ大へんさびしい気がします」