職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

本人も驚きのドラフト1位-竹下潤

竹下 潤 たけした・じゅん
1969年7月12日生まれ 静岡県出身
身長:184cm 体重:80kg
左投げ左打ち 静岡市立商業-駒澤大学-西武(1992~2003)
竹下潤

1991年ドラフト1位で西武に入団。
駒澤大学時代は若田部の控えだったため、本人もドラフト1位を全く予想していなかったようだ。

入団後3年はさっぱりの成績だったが、95年にようやく頭角を現す。
先発や中継ぎなどで29試合に起用された。

大きく曲がる110km台のカーブを武器とする投手で、速球は140km前半くらい。



成績を見るとわかるが、奪三振率はなかなかのものだった。

その後も中継ぎなどで、渋い活躍を見せていたが、2000年頃から登板が少なくなる。
その後、2003年に登板ゼロに終わると自由契約となり退団。

今現在は西武でスカウトをやっている。