職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

2年で打撃投手へと転身-井上公志

井上 公志 いのうえ・こうし
1988年8月21日生まれ 兵庫県出身
身長:180cm 体重:80kg
右投げ右打ち 育英高校-岐阜聖徳学園大学-シティライト岡山
井上公志

シティライト岡山から2012年ドラフト6位で中日に入団。
140k台の速球とスライダーが武器という評判だった。

一年目には11試合に登板し、初勝利も記録。
防御率こそ4.50とそこまでよくはないものの、12イニングで11三振を奪った。
また、2軍では19試合に登板し、19回1/3を投げて0.93の防御率

二年目からが期待されたが、一軍登板はゼロ。
何があったのかはわからないが、二軍でも10試合で7.94という成績に終わり、シーズン終了後に戦力外通告を受け、打撃投手へと転身することが発表された。

一年目の活躍を見たときは、これからが楽しみな投手だと思ったが、ここまで早く引退するとは思ってもみなかった。
何か怪我でもしてしまったのだろうか。


※参考文献 中日井上が引退、打撃投手で再出発