職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

早稲田にこだわった右腕-江尻慎太郎

江尻 慎太郎 えじり・しんたろう
1977年4月30日生まれ 宮城県出身
身長:187cm 体重:79kg
右投げ右打ち 仙台二高-早稲田大学-日本ハム(2002~2010)-横浜(2010~2012)-ソフトバンク(2013~2014)
江尻慎太郎

早稲田にこだわり、二浪して早稲田に入ったことから、同じ経歴の小宮山になぞらえて「小宮山二世」と呼ばれていた。
大学2年生の時に147kmを計測するなどの活躍を見せ、2001年のドラフトで自由枠で入団した。

入団して二年間は結果が出なかったが、二軍ではそこそこいい成績を残している。
2004年には5勝をあげ、プレーオフでも登板。
だが、翌2005年はどうにも投球が安定せず、防御率も5.79。本塁打を打たれ悔しさのあまりグラブを叩きつけたのもこの年だった。


先発としてどうにも殻を破れない時期が続いていたが、2007年に中継ぎ転向。
これが大成功でセットアッパーとして転向一年目から活躍した。
ところが、オフの10月に肘を手術。2008年は全休となってしまった。 

この全休のあいだにフォームが上手から横手へと変化。
真っ直ぐもそれにともない、若干動くようになった。
復帰後の09年もいい投球を見せていたが、2010年開幕直後に石井とのトレードで横浜に移籍。
移籍後も中継ぎとして活躍し、特に2011年は65試合も投げていた。

さすがにこれは投げすぎだと思われたのか、横浜ファンからは「江尻が壊れる」という意見も出ていたのだが、案の定右肩痛で2012年は不調に。
その年のオフに3対3の大型トレードでソフトバンクへと移籍することとなった。

ソフトバンク移籍一年目の2013年は、主に便利屋のような役割を担っていたが、2014年、わずか3試合の登板に終わるとオフに自由契約。そのまま引退を表明した。

2011年の投げすぎが悔やまれる。


※参考文献 野球小僧(2010)『世界野球選手名鑑2010』白夜書房