職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

現在はパティシエ職人-小林敦司

小林 敦司 こばやし・あつし
1972年12月8日生まれ 東京都出身
身長:182cm 体重:80kg
右投げ右打ち 拓大広陵-広島(1991~2000)-千葉ロッテ(2001)
小林敦司

拓大広陵から90年ドラフト5位で広島に入団。
1、2年目は怪我などで満足に働けず、3年目の93年にようやくウエスタンで20試合に投げた。

95年に16試合に投げて、初勝利を記録。
ところが、96年以降は膝の手術の影響もあり、登板なし。

99年にようやく中継ぎとして出番をもらい、満足に働くことができた。
サイドスローから130km台の速球とシュート、スライダー、シンカーを投げる投手。


(グラブの色は黒)

ところが、00年は不調で4試合の登板に終わると自由契約
01年はロッテに移籍し、登録名も小林渥司と変えたが、結局この年のオフに退団した。 

現在はパティシエとして代官山で店を開いており、週刊ベースボールセカンドキャリアのインタビューも受けている。