職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

難病のサウスポー-柴田章吾

柴田 章吾 しばた・しょうご
1989年4月13日 三重県出身
身長:175cm 体重:79kg
左投げ左打ち 愛工大名電-明治大学-巨人(2012~2014)

※一軍登板なし

中学生の時に、難病と言われるベーチェット病を発症。
病気と闘いながら、愛工大名電で野球を続けた。
明治大学を経由して、2011年に育成3位で巨人に入団。
140km台のストレートを投げるという評判だった。

スリークォーターからスライダーとシュートを投げる投手で、他にカーブらしき球を投げている姿も見た。
厳しくインコースを攻めていく投球だが、デッドボールになることも。
1年目にフューチャーズ対四国アイランド選抜の試合を見た時には二つも死球を与えてしまっていた。
また、その時は球の速さは直球でも130km台くらいがほとんどだったと記憶している。

その1年目は二軍での登板はゼロ。
2年目は二軍リリーフで27試合に登板したが、30回1/3を投げて21奪三振 21四球 3死球という成績で、三振は獲れるが制球難が目立った。 

3年目の2014年は3試合に投げ、0回2/3 被安打9 94.50という成績。
アウトがとれないという状況で、オフに引退を表明。
制球難が致命的だったか。
もう少しでも四死球が減っていれば、と思う。


※参考文献 同じ病気の人に届けたい 巨人の育成・柴田章吾が貫く生き様 廣済堂出版(2013)『プロ野球12球団選手名鑑』野球太郎