職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

公立高校出身のサウスポー-古村徹

古村 徹 こむら・とおる
1993年10月20日生まれ 神奈川県出身
身長:179cm 体重:77kg
左投げ左打ち 茅ヶ崎西浜高校-横浜DeNA(2012~2014)

※一軍登板なし

高校3年生の夏の大会で逆転サヨナラ満塁本塁打を打ち、話題になった選手。
MAX140kmのストレートとスライダー、カーブ、チェンジアップを投げるという前評判で、2011年ドラフト8位で横浜DeNAに入団した。

ところが、一年目は二軍でも登板無し。
二年目はいきなり育成に降格となってしまった。
この年は同僚の佐村もいきなり育成降格となっており、どうにも球団の引継ぎが上手くいってないのではないかと感じる。
高卒1年目の選手がいきなり育成降格というのはただごとではないだろう。 

育成となった2013年は二軍で1試合出場。
1イニングを投げ2三振を奪った。

3年目の2014年はまたしても二軍で登板なし。
オフに自由契約となり、打撃投手になることが決まった。

どうにも、球団に振り回された印象が残る。
二軍でも登板が無かった理由はわからないが、怪我なのか、体が出来ていなかったのか、野手転向などの道は無かったのか。
気の毒というほかにない。


※参考文献 南原在住古村徹さん 横浜が指名