職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

二軍の便利屋-尾崎匡哉

尾崎 匡哉 おざき・まさや
1984年6月2日生まれ 兵庫県出身
身長:182cm 体重:83kg
右投げ右打ち 報徳学園-日本ハム(2003~2014) 
尾崎匡

報徳学園では1番ショートで活躍。

02年春夏の甲子園に出場し、オフのドラフト1位で日本ハムに入団した。

一年目の03年は二軍で.222(27-6) 1本 2打点という成績。
しばらくは2割台前半の打率だったが、06年に二軍で.275(320-88) 7本 46打点という成績を残し、ようやく開花の兆しが。
また、守備位置も三塁へと変わった。

07年も二軍で220打数で.314と打つが、いかんせん守備が荒く、一軍昇格は無し。
どうにもグラブの先や土手で弾いてしまう癖があった。

08年は春先に捕手転向プランが出るが、チーム事情で内野手として一軍初昇格。
09年からは本格的に捕手に転向するが、二軍での打率は.226(133-30) 一軍昇格無し 
10年に捕手として一軍で初めて守るが、9試合の出場にとどまり、二軍中心。
もっとも二軍では.292 13本打っている。

どうにもこのあたりから、二軍の便利屋と化してきたような気がしてならない。
10年も二軍で捕手以外に内野のほとんどを守っていた。 
11年に二軍で.306(281-86) 7本 43打点の成績を残しながら一軍に昇格できなかったのは、便利屋ゆえのことだったか?
「尾崎がいないと二軍の試合が成立しない」などと冗談半分で二軍球場のファンが言っているのを聞いたことがある。 

13年、14年と一軍昇格のチャンスを得たが、上ではチャンスを生かせず。
14年は二軍で相変わらず.311(90-28) 3本 16打点と打っていたが、一軍で打席に立つ機会が無かったのは残念だった。

14年オフに自由契約となり現役引退。
中途半端に器用だった故に大成できなかった印象を受ける選手だった。


※参考文献 プロ野球二軍の“過酷な現実”