職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

内野ならどこでも守れる選手-仲澤広基

仲澤 広基 なかざわ・ひろき
1987年1月22日生まれ 山梨県出身
身長:182cm 体重:82kg
右投げ右打ち 東海大甲府-国際武道大-巨人(2009~2012)-楽天(2013~2014)
仲澤

高校、大学時代は打撃の選手として活躍。
08年ドラフト6位で巨人で入団。
一年目から二軍で.319を打ち、内野のすべてのポジションに就く活躍を見せた。
二年目の10年は.247と不調。三年目の11年も.254と今一つ伸びない。

割と肩が強く、内野全てを守ることができるが、守備の名手というほどではなく、そこまで足が速いというわけでもない。 
打撃も二軍で.250程度と、特徴の無さが際立っていた。

12年オフに金刃と共に横川・井野とのトレードで楽天へ。
13年には初の一軍出場を達成した。
14年は二軍で.211 1本 7打点 2盗塁という成績に終わると、オフに自由契約
現役引退を表明した。

「これ」という武器が無いと、活躍は厳しいか。
せめて、もう少し足の速さなどを見せつけることができたのであれば、出番も増えていたのではないかと思う。