職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

外野守備から代走までこなした投手-西村憲

戦力外通告を受けた選手紹介をしばらく続ける。惜球人シリーズとでもいったところか。


西村 憲 にしむら・けん
1986年12月4日生まれ 福岡県出身
身長:182cm 体重:82kg
右投げ右打ち 福岡工大城東高-九州産業大-阪神(2009~2014) 
西村憲

大学時代は3年生のときにケガをするも、エースとして活躍。
08年ドラフト4位で阪神に入団した。

一年目はわずか6試合の登板に終わるが、二軍では防御率2.20の好成績。
また、フレッシュオールスターにも出場し優秀選手賞を獲得した。

二年目の2010年は65試合に登板し、一気に主力選手の仲間入り。
夏場以降に疲労のせいか、不調に陥ったがそれ以前は優秀な成績を収めた。

140km台中盤(MAX149km)の回転がいい速球と縦よりの変化をするスライダーを中心に、フォーク、シュート、チェンジアップなどを投げる投手。
高めに投げる速球で空振りを奪うシーンが印象的で、この年はイニングと同数の三振を奪っている。

また、この年は試合途中で外野手が足りなくなり、延長戦で外野を守るハプニングもあった。

翌2011年は10年に投げすぎた反動か登板数減。
前年よりもフォークを投げることが多くなり、スライダーの割合が減った。
この年には代走も経験。前年の外野手に続き、またしても野手としての登場機会を得た。

2012年はヒジ痛で一軍登板なし。オフに手術を行った。
2013年は手術明けの復帰が期待されたが、成績は戻らず。
2014年も一軍登板ゼロ、二軍でも34試合に登板して防御率は4.88という成績で、オフに戦力外となった。

2010年の登板過多によるヒジの怪我が痛かった。
空振りを奪えるいい速球を投げていたのだが……。 


※参考文献 阪神 西村に戦力外通告