職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

打撃も得意だったサウスポー-吉見祐治

吉見 祐治 よしみ・ゆうじ
1978年5月21日生まれ 和歌山県出身
身長:188cm 体重:92kg
左投げ左打ち 星林高校-東北福祉大学-横浜(2001~2010)-千葉ロッテ(2010~2013)-阪神(2014) 
吉見

大学時代は東北福祉大のエースとして活躍。同期には洗平(元中日)や歌藤(元オリックスなど)がいた。

その活躍から00年のシドニーオリンピックにも選ばれている。
大学時には縦のカーブ、スライダー、チェンジアップ、縦よりの変化をするシンカーを投げていた。

プロ一年目は7試合の登板に終わるが、二年目の02年には二桁勝利を上げる大活躍。
140km中盤のストレートと130km前半ぐらいのスライダー、90km台のチェンジアップを投げ分け、たまに100km以下のスローカーブも投げていた。
新人王を争うほどの活躍だったが、リーグ1となる25本の本塁打を打たれている。

翌年はこの被弾癖が顕著に。開幕投手となるものの最終的には防御率8.38というとんでもない成績。
この年からフォークを覚えて、他の変化球のキレが鈍ったという雑誌記事を読んだが、
球質が軽く、速球がそこまで速いわけでもないためキレが鈍るとどうしようもなくなってしまう。

04年はスライダーとチェンジアップのキレが戻り、成績は良化したがそれでも5点台の成績。
05年は牛島監督から直球がシュート回転する癖を指摘され矯正することに。

07年は先発で投げたりリリーフで投げたりする便利屋のような存在に。
また、この年の6月に対ソフトバンク戦で猛打賞を達成し完封勝利をあげた試合があった。
この試合に象徴されるように打撃も得意な選手。

先発・リリーフで起用される使い方は09年まで続いたが、どうにも中途半端な投手になってしまった印象がある。
すっかり防御率4点台が似合う選手になってしまった。

10年は春先に先発で登板しKOされると二軍降格。5月にロッテへと金銭トレードされた。
前年より防御率は悪化し負け越すものの、三年ぶりの完封を果たすなど貴重な左腕として日本一に貢献。

だが、翌年以降は成績低下。毎イニングのようにランナーを出すような投球では先発としてもリリーフとしても使いづらかった。
13年に解雇されたあと阪神にテスト入団するが、一軍登板ゼロ。
加藤康介の二匹目のドジョウとはならなかった。