職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

左キラーになりきれず-根本朋久

根本 朋久 ねもと・ともひさ
1986年3月21日生まれ 福島県出身
身長:178cm 体重:76kg
左投げ左打ち 帝京安積高-横浜商科大-ロッテ(2008~2010)-日本ハム(2011~2014) 
根本

横浜商科大時代は新垣勇人(日本ハム)と共に左右の両輪として活躍。
07年ドラフト3巡目(分離ドラフト)でロッテに入団。 

出どころがわかりにくい独特なスリークォーターの速球派リリーフで、スライダーとチェンジアップを投げる投手。 
ロッテでは前年に藤田が退団したこともあり即戦力として期待されていた。
ところが、一年目は25試合に登板するものの成績はあまりよくない。
評判に違わない速球で、140km代の球を平均的に投げ込む能力はあったが、肝心の対左の成績が良くなかった。

二年目以降も成績が安定せず、対左の成績もそこまでよくなかった。
三年目2010年のオフに、山本一徳高口隆行とのトレードで日本ハムに移籍。

移籍後も速球とスライダーを中心としてたまにチェンジアップを投げる投球スタイルは変わらず。
2012年、2013年と対左の被打率が大きく改善されたが、なかなか信用を得られない。

13年に投球フォームを変えていたようだが、2014年の一軍登板は無し。
二軍では24試合に投げて3.46 26回 被安打26 19奪三振 与四球13の成績で、オフに自由契約となった。

どうにも見限られたという印象が強い。12年、13年と対左の成績は良かったが、信用を得られなかったことが痛かった。
対右の成績がそこまでよくなく、不安定な投球を続けていたことが信用を得られなかった原因か。
ロッテ時代から左に強ければ、と思わされる。