職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

苦労人の和製大砲-G.G.佐藤

G.G.佐藤 (佐藤隆彦)さとう・たかひこ
1978年8月9日生まれ 千葉県出身
身長:184cm 体重:94kg
右投げ右打ち 桐蔭学園-法政大学-フィリーズ1A-西武(2004~2011)-ボローニャ-千葉ロッテ(2013~2014)
GG佐藤

高校・大学時代はサード、ショートを守っていた。
大学卒業後、1Aフィリーズに入団。この時に捕手へと転向する。

03年のドラフト7位で西武ライオンズに入団。
一年目から.298を打つ活躍を見せる。
捕手として入団したものの、守ったのは一塁手であった。 

翌05年は内野手へと登録が変更。一塁と外野を中心に守ったが、肝心の打撃がさっぱりだった。
さらに06年は外野へと転向。コロコロと登録ポジションが変わった。
強肩だったことを考えてもこの転向は成功だったように思う。

07年からは持ち前の長打力が開花。
粗さはあるものの芯でとらえた時の飛距離はバツグンだった。
また、前述のとおり肩も強く、守備も比較的良かったように思える。

08年に北京五輪で3失策をしてしまうが、09年には自己最多タイの25本塁打に、過去最高の83打点という成績を残した。
だが、10年に.204 6本 19打点の成績に終わると、オフにひじと肩の手術をし11年は出場無し。
この年限りで自由契約となる。 

自由契約となったあとはなんとイタリアのリーグへ移籍。
2012年は途中までそのリーグに在籍し、オフにロッテの入団テストに合格。

ロッテでは出番こそ少なかったものの、辛島からの満塁弾や、CSでのスリーランなど印象に残る活躍を見せた。
ところが、2014年は一軍での出番なし。
オフに自由契約となった。

二軍での成績も.236 3本 19打点とあまりよくなかったが、貴重な右の長距離砲として代打などでの出番は無かったか。
順位争いを繰り広げていればまだ出番はあったかもしれないが、若手を起用する傾向にあったことが影響したかもしれない。

晩年の打力こそ衰えていたものの、代打で出場したときの歓声は大きかった。
西武戦で登場したときに、両チームファンから歓声が上がったことは記憶に残っている。