職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

逆輸入右腕-藤谷周平

藤谷 周平 ふじや・しゅうへい
1987年8月12日生まれ
身長:190cm 体重:77kg
右投げ右打ち アーバイン高校-南カリフォルニア大学-ロッテ(2011~2014) 

※一軍出場無し

小学生の頃からアメリカで過ごし、アメリカの大学を経て2010年にロッテからドラフト6位指名を受けた変わり種選手。

いわゆる隠し玉と呼ばれるような選手で、ドラフト直前には日本ハムが指名するかもしれないといった記事が新聞に掲載されていた記憶がある。

150kmを超す速球とフォーク、カーブを投げるという話だったが、入団二年間での二軍登板はわずか8試合。
去年あたりからようやくチャンスを貰え始めたが、2013年の成績は38試合にリリーフ登板し、5.35 4勝5敗 38回2/3を投げて三振27 四球25という成績だった。

見ていて印象に残ったのは、先頭打者を簡単に出塁させてしまうということ。
今年も藤谷が先発登板した試合を見たが、毎イニングのように先頭打者を出していた。

速球が武器の割には平均球速はあまり速くなく、簡単に打ちかえされてしまう場面もよく見ていたしコントロールもよくない。
27歳という年齢で伸びしろも期待できなかった。

黒木の背番号54を引き継いでいたので、期待されていたとは思うのだが、短所があまりにも多すぎたか。