職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

角盈男の息子-角晃多

角 晃多 すみ・こうた
1991年1月13日生まれ 神奈川県出身
身長:168cm 体重74kg
右投げ左打ち 東海大付属相模-ロッテ(2009~2014)

※一軍出場なし

高校時代は巨人の大田と共にクリーンアップを打っていた。
ロッテには育成3位で指名され入団。

ロッテ入団後は主に二塁を守っていた記憶がある。
身長が低いながらも気合いだけは誰にも負けないような、そんな泥臭い選手だった。

入団して一年目は二軍でもわずか1試合の出場に終わり、二年目もそこまで出番をもらえなかったが三年目である2011年にチャンス到来。
二軍のリーグが開幕したと同時に打力が開花。
3、4月の月間MVPを獲得するまでに至った。

これで支配下登録間違いなしだと思ったが、その勢いが続かなかったことが痛かった。
結局この年は支配下に上がれず、二軍での成績も.264 2本 29打点に終わる。
なぜ支配下に登録されないのか、と私はやきもきしていたが、四年目の2012年に支配下登録。
前年より成績が落ちて.225という年だったが、一軍内野陣の事情があったのか。

しかし、支配下登録されたあとも角を一軍の試合で観ることは無かった。
一軍に上がれなかった理由としては守備面での確実性の無さが挙げられる。
また、角が左打ちであったことも響いたか。 髙濵、根本、鈴木大地と左の内野手は揃っている。
昨年ロッテが三木を上位で指名したように、右の内野手の方が需要はあるのだろう。

個人的に好きなタイプの選手だったが、一軍の試合で観ることが出来ないまま自由契約となってしまったのは残念で仕方がない。