職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

鉄仮面-加藤初

加藤 初 かとう・はじめ
1949年12月20日生まれ 静岡県出身
身長:175cm 体重:72kg(西鉄時代は68kg)
右投げ右打ち 吉原商-亜細亜大学-大昭和製紙-西鉄(1972~1975)-巨人(1976~1990)
加藤初

大昭和製紙からドラフト外西鉄に入団。
プロから評価されていたようだが、会社との関係でドラフト指名での入団はできなかったようだ。

1年目の72年から17勝をあげる活躍をみせ見事新人王に輝く。
この年はセリーグの新人王も同じく大昭和製紙出身の安田だった。
この頃はノビのある速球と小さいカーブ、シュートを投げていたようだ。
また、制球があまりよくなかったことも記録から見て取れる。
河村コーチが在籍していた73年まではどうやらスリークォーターで投げていたようだが、河村コーチ退団後はオーバースローにしていたようだ。

その後、75年オフに伊原と共に、関本+玉井とのトレードで巨人に移籍。
移籍初年度の76年にいきなりノーヒットノーランを達成する活躍を見せた。
この頃は杉下コーチに言われて投法をスリークォーターに戻していた様子。
また、杉下コーチに教えられたのかどうかはわからないが、この頃にはフォークボールも投げていた。

この76年以降も先発ローテーションの一角として活躍を続けたが、成績を見る限りではやや隔年気味に活躍する傾向がある。


83・85年の映像を見ると確認できる限りでのMAXが144km。平均的な球速は140km前半といったところか。
シュートも速球と同じくらいのスピードで、110km代120km代のカーブ、130km代のフォークを投げている。
また、牽制が上手であった。
83年頃には右腕の血行障害に悩まされていたようだ。

85年には少し成績を落としたが、86年は復調し14勝をあげた。
86年開幕前頃には既にスライダーも投げるようになっていた。

晩年にはさすがに年齢が年齢なだけあり成績も落ちていたが、アンダースローに挑戦するなどの試みを行っていたようだ。
89年に投手コーチを兼任するようになったが、 4試合の登板に終わると翌年もわずか6試合の登板に終わり、この年限りで現役引退。
山倉と同じタイミングでの引退だった。


※参考文献 週刊ベースボール 読売新聞