職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

野村克也との奇妙な縁-山本重政

山本 重政 やまもと・しげまさ
1944年生まれ
身長:179cm 体重:78kg
右投げ右打ち 社高校-立命館大学-近鉄(1962~1969)-阪神(1970~1977)
山本重

高校二年の時に、夏の予選大会、小野工戦で完全試合を達成。
毎回奪三振を達成しながらの完全試合だった。 

64年に野村克也パリーグ記録である44号ホームランを打ったときの相手がこの山本であり、
翌65年に野村が当時の日本記録である52号を放ったときの相手投手もこの山本であった。

近鉄時代は先発だったが、阪神移籍後はリリーフに転向した。
シュートと大小二種類のカーブを投げていたようだ。