職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

5球団で2番手捕手を務めた、山中潔

山中 潔 やまなか・きよし
1961年10月29日生まれ 大阪出身
身長:178cm 体重:76kg
右投げ左打ち PL学園-広島(1980~1988)-ダイエー(1989~1990)-中日(1990~1991)-日本ハム(1992~1994)-ロッテ(1995~1996)
山中潔

 

1979年ドラフト5位でPL学園から広島に入団した捕手。

広島時代は達川とポジションを争っていた。
速球派投手は得意だったが、左腕の変化球は苦手だったようだ。

ダイエーに移籍後は正捕手が固定できていないチームのなかで内田に次ぐ45試合に出場。
他に香川、吉田らとポジションを争った。
翌90年の開幕前に中日にトレード。ニコニコ動画に90年のオープン戦で打席に立つ山中の映像が残っている。(8:43から)


(バットの色は黒)

中日では中村の二番手として出場。さらに日本ハムにトレードされたあとは田村の二番手として出番を得た。

日本ハムを94年限りで退団したあとはロッテにテスト入団。
定詰に次ぐ61試合に出場したが、翌96年限りで引退。

二番手として活躍できたのは、達川、内田、中村、田村、定詰と一番手の選手が右打ちだったのに対して山中は左打ちだったことも影響していたのではないだろうか。
晩年の打撃成績は悪いが、広島、ダイエー、中日時代はよく打っている。
肩も晩年まではそこそこよかったようだ。 


※参考文献 『週刊ベースボール