職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

エリートコースを歩んだ捕手、堀場秀孝

堀場 秀孝 ほりば・ひでたか
1955年6月26日生まれ 長野県出身
身長:178cm 体重:83kg
右投げ右打ち 丸子実業-慶応大学-プリンスホテル-広島(1983~1986)-大洋(1987~1989)-読売(1990)
 堀場

高校時代から甲子園に出場するなどの活躍を見せた捕手。
その後、一年浪人して慶應義塾大学へ進学。
六大学でもベストナインを獲得するなどの大活躍だった。

大学卒業後は社会人のプリンスホテルへ。
だが、ここでは中尾、金森の陰に隠れてしまい、捕手としての出場は少なく一塁などでの出場が多かったようだ。
エリートコースを歩んでおり、有名な選手だったがここで少し足踏みか。

その後82年のドラフト外で広島に入団。
これだけの実績がある選手がドラフト外ということに少し驚く。大学卒業後、即プロ入りしていれば上位ではなかっただろうか。

広島在籍時代は正捕手になれず86年に自由契約。打撃はともかく、守備に難があったことがレギュラーになれなかった原因のようだ。
大洋移籍後に武器の打力を生かして出場数を増やし、5番で出場することもあった。

だが、その活躍も長くは続かず、89年にまたしても自由契約
巨人に移籍するがそこでも活躍はできなかった。


※参考文献 『週刊ベースボール