職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

4球団を渡り歩いた速球派-牧野塁

牧野 塁 まきの・るい
1974年7月17日 神奈川県出身
身長:182cm 体重:80kg
右投げ右打ち 山梨学院大附属-オリックス(1993~2003)-阪神(2004~2006)-楽天(2006~2008)-広島(2008~2009)
牧野塁

92年ドラフト3位で入団。150kmを越える速球を当時から投げていたようだ。
一年目から3試合に登板し、2回先発で投げていた。首脳陣からも期待されていたことがうかがえる。



この映像を見ると、初回から150kmの速球を投げていることがわかる。
さすがに2回以降はスピードが落ちたが、それでも140km後半。
確認できた変化球はスライダー、カーブ、フォークの三種類。 スライダーが130km代でフォークが120km後半。カーブが120km代前半のスピードだが、投げているのはほとんど速球だ。
ちなみにグラブの色は黒。

ただ、球は速くとも制球面の課題があったようだ。
2年目はひじ痛でさっぱり。二軍でも12試合の登板に終わるが、2勝2敗2.17の成績を残す。

3年目は一軍で滅多打ち。Youtubeに二軍の映像があったが、怪我の影響かフォームが少し変わり速球も140km代中盤のスピードになっている。また、グラブの色が黒から青に。



この年以降も成績はさっぱりで、フォームがスリークォーターやサイドに変わるなど試行錯誤を繰り返していた。
個人的には一年目のフォームの方が躍動感がある気がするのだがどうだろうか。

99年にようやく頭角し、17登板。



映像だとフォームがまた変わり、二段モーション気味になっていることがわかる。 
確認できた限りのMAXは150kmだが、ほとんどは140km中盤のスピード。
スライダー中心のようだが、解説者が言っているとおり、変化球で腕の振りが緩む傾向がある。

さらに翌00年はまたサイドスローに変更し、34試合に登板するなど中継ぎとして活躍。
速球を中心にスライダー、フォークを投げていた。 

だが、いい時が2年続かない。01年に右ひじを怪我すると翌02年も不調に。 
すると03年はまたしてもフォームを横手から上手へと戻した。
この年は歴史的な投壊もあり、出番が増加。 先発、中継ぎで49試合に投げたが、他に投手がいなかったから使われただけという印象。
制球こそ多少マシになったが、救世主となるほどの活躍は見せられなかった。 
また、この年も直球中心で変化球はスライダーとフォークぐらいしか投げていない。

03年オフにトレードで阪神に移籍。
中継ぎで27試合に登板した。

前と同じく140km後半の速球を投げており、グラブの色も茶色に変わっている。
また、このあたりから制球も多少良くなっていたようだ。

05年にわずか2登板に終わると今度は坂とのトレードで楽天へ。 
コマ不足の楽天で15試合に登板し2.49と活躍。
制球がマシになったことが活躍の要因だろうか。ストレートの速さもまだまだ残っていたと記憶している。

楽天二年目の07年は18試合に登板するが、成績はいまいち。怪我の影響もあったか。
08年にはシーズン途中で佐竹とのトレードで広島へ。
09年まで在籍したが、この年のオフに自由契約となった。

06年の活躍が長続きしなかったことが痛かったように思う。
フォーム改造、怪我などで模索していた時期があまりにも長すぎたか。 


※参考文献 『95プロ野球選手名鑑』