職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

俊足を生かせず-於保浩己

於保 浩己 おほ・ひろみ
1975年8月9日生まれ 佐賀県出身
身長:183cm 体重:75kg 
左投げ左打ち 佐賀商業-九州共立大-ロッテ(1998~2005)
於保

九州共立大学時代から俊足強肩の外野手として知られていた。
95年春にはリーグの首位打者盗塁王を獲得。 
50メートル5秒7、遠投115メートルという前評判で98年ドラフト5位指名を受けロッテに入団。

俊足を生かした守備と強肩はよかったが、プロでは打撃がさっぱり。
また、脚の速さはあったがそれを盗塁に生かすことができなかった。

02年、03年と2年連続でチャンスをもらうが、成績はさっぱり。
特に03年は5月に猛打賞を記録した試合もあったのだが、その後の試合で打つことが出来ずチャンスを逃してしまった。

04年はわずか4打席に終わると05年は一軍出場無し。
二軍では70試合に出場し.253 2本 14打点の成績だったがオフに自由契約となった。 

03年のチャンスを逃したのが惜しかったか。 


※参考文献 『ベースボールマガジン』 『プロ野球選手名鑑98』