職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

引退後は社会人野球へ、礒恒之

礒 恒之 いそ・つねゆき
1975年11月29日生まれ 栃木県出身
身長:180cm 体重:75kg 
右投げ右打ち 黒羽高校-城西大学-千葉ロッテ(1998~2002)
礒

小学校5年の時から野球を始め、その時から投手をやっていた。
城西大学では98年春の優勝に貢献。
97年春のドラフトで4位入団。

かなり上から投げるオーバースローだった。
140km中盤の速球とスライダー、フォークを投げていたが、
ロッテ入団初年度のキャンプで中村投手コーチからカーブを投げるように言われ、プロ入り後に時々投げるようになった。

(グラブの色は黒)

映像を見る限りでは速球はそこまで速くなく、映像内でのMAXは141km
変化球中心で投げている。

ルーキーイヤーの98年には16試合に登板して3勝。
4月30日のオリックス戦では、初先発初勝利を記録。
だが、年々成績が落ちていき、01年に肩痛で2試合の登板に終わると翌年は登板なく自由契約に。
その後は住友金属鹿島に活躍の場を移した。


※参考文献 読売新聞 『プロ野球選手名鑑98』 『ベースボールマガジン』