職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

1億円ルーキー、水尾嘉孝

水尾 嘉孝 みずお・よしたか
1968年5月2日生まれ 奈良県出身
身長:177cm 体重:72kg
左投げ左打ち  明徳義塾-福井工業大学-大洋(1991~1994)-オリックス(1995~2000)-西武(2001~2003)
水尾

==== 大学時代は日米大学野球などで活躍。
90年のドラフトでは1位指名され、当時としては最高額となる契約金1億円で大洋に入団した。

ところが、横浜時代の成績はさっぱりで、やくみつるに4コマ漫画でボロクソに書かれる始末。
  
横浜時代はストレートが143kmほど。スライダーが120km半ば。
カーブが110km後半という球速帯。

成績がさっぱりのため、94年オフに渡部、堀江と共に飯塚+伊藤敦との交換でオリックスにトレード。
このトレードがよかったのか、97年には橋本武と並んでリーグ最多となる68試合に登板。
左の中継ぎとしてのポジションを手に入れた。

(グラブの色は横浜時代から黒)

オリックス時代はストレートが130後半から142kmほど。
スライダーが120km半ばくらいの球速帯。
この頃からシュートも投げていたのだろうか? 

2000年に9試合の登板に終わり、自由契約にされた翌年に西武に移籍。
こちらでも中継ぎとして活躍した。
01年にはシュート、フォークを多用していたようだ。
02年は逆にフォークをあまり投げず、スライダーとシュートを中心とした投球に逆戻り。

03年に2試合の登板に終わると、オフに自由契約
引退後は、自由が丘でレストランを開いた。
プロ野球選手のセカンドキャリア特集で、週刊ベースボールにて紹介されたこともある。


※参考文献 『野球小僧世界野球名鑑』 『週刊ベースボール』 ベースボールマガジン社『トレード大鑑』