職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

マンダリンパイレーツコーチ、森山一人

森山 一人 もりやま・かずと
1973年12月19日生まれ 島根県出身
身長:179cm 体重:79kg
右投げ両打ち 邇摩高校-近鉄(1992~1998)-ダイエー(1999~2002)
森山
  近鉄入団時は内野手だったが、95年から外野手へ転向した選手。
パンチ力のある打撃と俊足強肩が武器だったが、 とにかくヒットが出なかった。

引退後は四国独立リーグの様々な球団でコーチを務めてあげている。
高知ファイティングドックス時代は、近鉄時代の同僚である中村紀洋からバットの提供があり、そのバットを現ロッテの角中は使っていたという。
角中が独立リーグで一番世話になっていたのも森山だったという話だ。

また名前の「一人」は、一人でも生きていくことができるようにという意味をこめてつけられたとのこと。
小学一年生でも書くことができるように、というのも理由だったらしい。 

現在は愛媛マンダリンパイレーツでコーチをしている。

※参考文献 『プロ野球選手名鑑2002』 徳島インディゴソックス球団運営日記