職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

韓国へ渡った投手-金城信夫

金城 信夫 かねしろ・のぶお
1963年7月6日生まれ 兵庫県出身
右投げ右打ち182cm 71kg
市川高校-南海(1982~1985)- 青宝ピントゥス(1986-1989)-LG(1990)

※一軍登板なし

 

市川高校からドラフト1位で南海に指名されたが、オープン戦で滅多打ちをくらう。
1984年頃には上手から横手へのフォーム改造をはかるが、結局一軍登板はなく1986年に南海を退団。

86年には韓国へと移籍し、青宝(チョンボ)で10勝10敗 防御率3.21の成績を残した。
88年にはオールスターにも出場。韓国に渡り、ようやく才能が開花したのだろうか。

シュートを武器とした。 


※参考文献 『週刊ベースボール』 室井昌也『韓国プロ野球2010』