職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

わずか二年で退団、加藤正次

加藤 正次 かとう・まさじ
1955年3月18日生まれ 千葉県出身
身長:177cm 体重:67kg
左投げ左打ち 千葉勝浦高校-専修大学-日本通運-ヤクルト(1984~1985)

※一軍登板なし  スタミナのある技巧派投手という触れ込みでヤクルトに入団。
シュートやシンカーを武器としていた。

ルーキーイヤーのオープン戦で好投し、期待されたが直後に左肘を痛める怪我。
この怪我の影響か1年目は登板なし。

2年目も怪我の影響か登板数はゼロに終わり、この年限りで退団。

当時の週刊ベースボールを見る限りではドラフト5位とはいえ、期待はされていたようなのだが……。
怪我がよほどひどかったのだろうか?
※参考文献 『週刊ベースボール』 読売新聞