職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

現役時代からバッティングピッチャー、近藤章仁

※2014年8月30日 追加更新
近藤 章仁 こんどう・あきひと
1962年8月17日生まれ 神奈川県出身
身長:177cm 体重:80kg
右投げ右打ち 桐蔭学園-近鉄(1984~1990)

一軍登板なし 

  高校3年夏の県予選決勝では愛甲と投げ合い0-2で負けた。

その後、22歳で近鉄に入団。
しかし、二軍でも登板はほとんどなく、もっぱら一軍相手に打撃投手として投げていたようだ。

90年に現役を引退したあとは、打撃投手へと転身。
といっても、現役時代もほとんど打撃投手として過ごしていたようなので、仕事内容に変わりはなかったのではないだろうか。

現役時代はシュートを武器としていた。
クラシックSTATUS鑑賞のたばとも様によると、高校時代の近藤を見たことがあるが、変則的な投げ方をしていた。とのこと。

※参考文献 『週刊ベースボール