職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

裏方のスペシャリスト、前田耕司

前田 耕司 まえだ・こうじ
1964年10月27日生まれ 鳥取県出身
身長:180cm 体重:72kg 
左投げ左打ち 福井高-阪神(1983~1986)-西武(1987~1992)-広島(1993~1994)-オリックス(1995)
前田耕司
  ==== 高校時代はエースとして甲子園に出場。
阪神にドラフト2位で入団後は山本和行二世として期待されていたが、活躍できず1986年に吉竹と共に田尾とのトレードで西武に移籍。

西武でも中継ぎとして何度か登板したが、93年に大塚賢一とのトレードで広島へ。
広島移籍後の一年目には41試合に登板するが翌94年に14試合に終わるとオフに解雇。
テスト入団でオリックスに入団するが一軍登板0でオフに引退。

引退後はオリックスで打撃投手を務め、伊原監督時代には監督広報も勤め上げた。

オリックスを退団したあとは、スポーツマネジメント会社に入社。
打撃投手、広報など様々な裏方を務めあげた実績を評価されたようだ。

現役時代はカーブを武器とした。


※参考文献 『週刊ベースボール』 日本経済新聞