職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

現在は保険代理店の代表-五月女豊

五月女 豊 さおとめ・ゆたか
1949年4月13日生まれ 栃木県出身
右投げ右打ち 鹿沼農商高-日本石油-阪神(1973~1975)-クラウン(1976~1981)-大洋(1982~1984
五月女

社会人時代に日本生命を相手にノーヒットノーランを達成するなどの活躍を見せ、阪神にドラフト1位で入団。
即戦力の期待がかかったが、阪神時代は活躍できず。

片岡新之介とのトレードで76年からライオンズに移籍し、根本監督の元で起用されるようになる。
この根本監督にフォークボールを投げるように言われたことが、活躍の要因になったようだ。

82年には大洋に移籍。
自己最多となる58登板を果たしたが、この登板過多が影響したのかひじ痛に悩まされ、その後二年は不調。

140kmを越える速球と大小のスライダー、シュート、クラウン時代からは根本から教わったフォークボールも投げた。

現在は地元・栃木県に戻り、保険代理店を経営している。 


※参考文献 『ベースボールマガジン』