職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

クセ球アンダースロー、村井一男

村井 一男 むらい・かずお
1961年3月12日生まれ 福岡県出身
身長:176cm 体重:70kg
右投げ右打ち 筑紫工-九州産業大学-西武(1983~1987)-中日(1987)

※一軍登板なし  九州産業大学では大畑(大洋、中日)とエースの座を争った投手。

アンダースローからのクセ球を武器としたようだが、一軍登板はなし。
前に紹介した後藤明美のように、1985年にはアメリカへと留学するなど期待されていた様子がうかがわれるが、1987年の3月16日に、中日の栗岡英智とのトレードで中日へと移籍した。

その中日でも登板はなく、結局87年シーズンオフに退団。
※参考文献 『週刊ベースボール』 『プロ野球トレードFA大鑑』ベースボールマガジン社