職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

珍プレーに縁のある男、寺村友和

寺村 友和 てらむら・ともかず
1974年4月22日生まれ 千葉県出身
身長:180cm 体重:87kg
右投げ右打ち 千葉商業-本田技研-千葉ロッテ(1997~2000)-ヤクルト(2001~2002)-近鉄(2003)-誠泰コブラズ(2005)
寺村
寺村二軍
※Eはイースタン、Wはウエスタン成績
 
==== 97年ドラフト2位で本田技研からロッテに入団。
中学生の頃所属していた「千葉ジャガーズ」では高橋由伸とチームメイトだった。

入団当初はブルペンで隣の投手の球を受けているキャッチャーが寺村の球を捕ってしまうことがあったという逸話が残っているほどのノーコン投手だった。 
一年目は登板なし。

コントロール矯正のためか、二年目からはサイド気味の力感あふれるスリークォーターにフォームを変更。
そのおかげか、10試合に登板することができた。
この年に寺村が投げている動画がYou Tubeにあったのでいくつか見ると、球速を計ることが出来た。

ストレートの球速はだいたいが140km前半でMAXが148km。
ストレートの平均球速を出してみると142kmだった。
また、投げているボールの多くがストレートでその間にスライダー、シュート、シンカーが織り交ざっている。
ちなみにスライダーは120km後半~130km前半、シュートが120km~130km後半、シンカーが110km~120km前半ぐらいの球速帯だった。

99年こそこのような活躍を見せたが、翌年は1試合のみの登板に終わるとオフに山崎貴弘とのトレードでヤクルトに移籍。
二軍の成績を見るとわかるが、やたらと被本塁打数が多い。制球が悪く球が高めに浮いたことが被弾の原因だろうか。
奪三振数は多いのだが、制球難が寺村の大成を拒んだのかもしれない。

ヤクルト移籍後はファームでの成績こそよくなかったものの、球の力はあるので短いイニングでなら行けるという理由により、一軍に抜擢されると初勝利を経験するなど活躍。
19試合のみだが、主にリリーフでヤクルトの優勝に貢献した。
翌年は17試合の登板に終わると近鉄に金銭トレードで移籍。
この頃になるとフォークボールも投げていたようだ。

2003年、近鉄での登板が3試合に終わるとオフに自由契約
その後は米国でトライアウトを受け、一年間浪人したあと2005年に台湾の誠泰コブラズに入団。 
だが、ここもすぐに退団し、一般企業に就職した。

今は大東文化大学で野球部コーチを務めている。

ちなみに現役時代は登板数の割には珍プレーに縁のある選手で、グラブにボールがはさまって抜けなくなったために、グラブごと一塁手にトスをしたり、投げた後にマウンドで転んでしまうなどの映像が「好プレー珍プレー」特集で流されていた。


※参考文献 野球を通じて社会の“荒波”乗り越えろ! 『プロ野球選手データ名鑑』宝島社 『プロ野球選手録2003』エンターブレイン 【6月27日】2001年(平13) ヤクルト 節目の3000勝 寺村友和 感激のプロ1勝 
 などの動画
(グラブの色は黒)