職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

魔術師、リンゼイ・グーリン

リンゼイ・グーリン Lindsay Gulin
1976年11月22日生まれ
身長:188cm 体重:79kg
左投げ左打ち イサカ高校-メッツ-マリナーズ-独立リーグ・セインツ-カブス-ドジャース-ダイエー(2004~2005)
グーリン
※Wはウエスタンリーグでの成績 上記の経歴は全てマイナーでのもので、メジャーリーグ登板経験は無し。
ダイエー退団後は台湾の興農ブルズにも在籍した(2010年)

04年、入団当初はリリーフとしての活躍を期待されていたが、シーズンでの登板は全て先発。
8勝3敗となかなかの成績を残した。後半戦の怪我が無ければ二桁は勝っていただろう。

この投手の特筆すべき点の一つに投法があげられる。
普段はスリークォーター気味の独特のモーションから投げるのだが、たまにサイドスローで投げ打者を幻惑させていた。
力感の無い独特のフォームは説明が難しいのだが、動画で見るとわかりやすいだろう。



また、投法だけでなく投げる球も独特だった。
とにかく球が遅い。
私も何度がテレビで彼が投げているところを見たことがあるが、130kmを越えるボールを見たことはほとんど無かった。
そんな遅い球ばかり投げる彼の変化球は、カーブとチェンジアップのみ。

2004年のストレートの平均球速は127km、カーブが108km、チェンジアップが110kmであった。

無論、こんな遅い球ばかり投げていたら抑えられるはずもなく被打率は.314を記録している。
コントロールもそこまでいいわけでもないので四球も出す。
それなのに、得点圏にランナーを抱えたまま牽制や併殺でいつのまにかのらりくらりと抑えてしまうのが、この投手の凄いところだった。(ただし、風で変化球が曲がりすぎてしまう千葉マリンスタジアムは苦手だった)
得点圏で無い状況では被打率.350だが、得点圏では.215としっかりと抑えている。
WHIP1.62で防御率4.24は驚異的な数字だろう。

そんな彼の投球スタイルを見たインターネットの野球ファンからつけられたあだ名は「魔術師」。
グーリンのひょろりとした細身の身体とあご髭も「魔術師」のあだ名によく似合っていた。

前年のそんな活躍から翌年の活躍が期待されたが、05年は外国人枠の関係で二軍暮らし。
二軍でも相変わらず塁上を賑わせていたが、防御率5.89の不安定な投球では一軍に上げてもらえない。
結局そのままオフに退団してしまった。

見ていてとても楽しい投手だったが、ファンや首脳陣からしてみたらヒヤヒヤする投手だっただろう。
もう少し安定感があれば一軍に上げてもらえたのかもしれない。

また、彼は変則左腕でありながら左に.383とよく打たれた。(右は.282)
これもグーリンらしい面白い記録だったが、そんなところも首脳陣には嫌われたか。
※参考文献 『データスタジアム2005』エンターブレイン 『世界野球選手名鑑2005』白夜書房 『プロ野球パーフェクトデータ選手名鑑2004』宝島社