職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

巨人の星に出演、才所俊郎

才所 俊郎 さいしょ・としろう
1942年生まれ 
身長:178cm 体重:79kg
右投げ右打ち 八女高校-河合楽器-巨人(1966~1971)-西鉄(1972)
才所
河合楽器時代から俊足巧打で有名だった選手。
1965年の第一回ドラフト会議で巨人から5位指名を受け、新人契約第一号として入団した。

身体能力の高さは有名だったようで、アニメ・巨人の星の67話では、王貞治と才所の身体能力の比較シーンがあった。
(もっとも、そのシーンは身体能力は才所の方が上なのに、なぜ王は才所よりも打てるのかというものだったが) 

だが、身体能力の高さと野球の成績は直結しない。
71年に巨人を自由契約になったあと西鉄に移籍したがその年限りで退団した。
試合数と比べて打数が少ないため、出場の多くが代走、守備固めであったと想像できる。
※参考文献 読売新聞