職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

名スカウト、三輪田勝利

三輪田 勝利 みわだ・かつとし
1945年生まれ 愛知県出身
身長:183cm 体重:78kg
右投げ右打ち 中京商業-早稲田大学-大昭和製紙-阪急(1970~1973)
三輪田
スカウトとしての活躍は広く知られているので、選手時代のことを書く。

西枇杷島中学時代は、横手投げ投手だったが、その後はスリークォーター。
高校時代、甲子園では1962年の春夏と63年夏に出場し、63年の甲子園一回戦では高橋直樹と投げあった。 
大学では、その高橋直樹のチームメイトになりベストナインを獲得するなどの活躍を見せる。

卒業後に、近鉄から一位指名を受けるが拒否。社会人を経由して阪急に入団することになる。

プロでは落差の大きいカーブと、スライダーを投げる本格派。
2年目にはウエスタンリーグ最多勝を上げるなどの活躍を見せるが、当時の一軍投手陣の壁は厚く、なかなか上で投げることが出来ない。
当時の阪急は米田、足立、山田などが先発陣の柱であり、他にも石井茂雄などが控えていた。

4年目の73年に横手投げへの転向をはかるが、一軍登板はゼロ。
この年限りで自由契約となりスカウトへと転身した。シンカーやシュートなど、右打者のインコースを突く変化球が無かったことが横手投げ後に活躍できなかった原因かもしれない。

※参考文献 六車護『名スカウトはなぜ死んだか』 読売新聞