職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

投げ方をよく知らなかった投手、田原基稔

田原 基稔 たはら・もととし
1929年生まれ
身長:5尺5寸7分(約169cm) 体重:16貫700匁(62.6kg)
右投げ右打ち 北海中学-札幌鉄道-国鉄(1950~1953)-中日(1954)
田原

北海中学時代は三塁手。札幌鉄道時代に肩を評価されて投手に転向。
横手から投げられる重い球と内角に食い込むシュートが武器。
ベースの手前で落ちるボールも投げていたようだ。

どうやら、一年目の春キャンプ時にはボールの投げ方をよく知らなかったらしい。
一週間かけて同僚の初岡、高橋のフォームを見て、自分の投球フォームを作り上げたとのこと。
その甲斐があったか一年目の1950年は投手陣で一番の成績を残すが、その後は不振。
最後は中日でプレーするも一試合のみの登板に終わり引退。
※参考文献 『ベースボールマガジン』 読売新聞