職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

柔道有段者の変わり種、浅井守

浅井 守 あさい・まもる
1924年生まれ 
身長:5尺7寸5分(174cm) 体重:18貫(67.5kg)
左投げ左打ち 京都武専-東洋産業-毎日オリオンズ(1950~1952) 
浅井守

京都の武術専門学校からプロ入りした変わり種。
柔道の有段者であり、(五段とも六段とも言われている)本人も「本職は柔道」と言っていたようだ。
プロ入りしたときも野球を始めてからそこまで時間は経っていなかった。
毎日球団結成時の選手発表では外野手だったが、開幕前には投手になっていたところを見ると、東洋産業時代は外野手だったのだろうか。

野球経験が少ないと言っても元々の素材はよかったようで一年目に初登板を果たすと二年目には4試合に出場。
防御率2.12はなかなかの数字だ。 
武専で鍛えた立派な体と腕力から投げ込まれる速球が武器としていたようだが、被安打はやや多いか。
また、投手としてもなかなかよかったが、飛ばす力もあったようで野手に戻る話も出ていたらしい。 

翌1952年には何があったのか登板ゼロ。
そのままプロ野球界から去ることとなった。


※参考文献 『ベースボールマガジン』 読売新聞