職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

浜崎監督も注目した素材-井上嘉弘

井上 嘉弘 いのうえ・よしひろ
1926年生まれ 福岡県出身
身長:5尺9寸(179cm) 体重:19貫(71.25kg)
右投げ右打ち 飯塚商業-産業(1944年)-中部日本(1946年~1947年)-急映(1948年)巨人(1949年)-松竹(1950年)-広島(1951年)
井上嘉弘
井上嘉弘野手


投手として産業に入団。
しかし、選手不足から外野や三塁などでも出場。

戦後になってようやく投手業に専念するが、成績はさっぱり。
5尺9寸の(当時としては)大柄な体から投げ下ろされる直球を武器としていたようだが、記録を見る限りでは制球難が原因で活躍できなかったと思われる。

ちょうどこの頃、1947年に雑誌『ホームラン』で阪急の浜崎監督が井上について語っていた。
曰く「井上は素養があるのだが、コーチと起用法が原因で力を発揮できていない。 一年間だけ阪急に貸してくれれば立派にして返してやると言ったが断られた。おそらく中日にいては力を発揮できない」とのこと。

あの浜崎監督すら認める素質の良さはあったようだ。 
だが、翌年急映に移籍しても巨人に移籍しても成績はさっぱり。

さらに1950年、松竹に移籍したあとは野手に転向してしまった。
新田恭一コーチの元で活躍を期待されていたようだが、試合出場は無し。
翌年、広島カープに移籍したあと開幕戦で五番ファーストで起用されるなど期待されていたが、成績はさっぱりであった。
成績不振だけでなく、7月30日には同僚の長持栄吉と口論となり、刺身包丁で切りかかるという事件まで起こしている。
この事件が原因だったのか、その後井上はスタメン出場を果たすことができずこの年限りで現役を引退している。


※参考文献 雑誌『ホームラン』 読売新聞 スタメンアーカイブ