職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

東都の名内野手、永田隆次

東都時代、名内野手と呼ばれた永田隆次について。
 
永田 隆次 ながた・りゅうじ
1918年生まれ 
身長:5尺5寸(167cm)  体重:17貫(64kg)
右投げ右打ち 岡崎中学-日本大学-愛知産業-近鉄(1952~1953)
永田

日本大学時代に、東都きっての内野手として名を馳せた。
その後はノンプロで活躍。東邦瓦斯にも在籍したようだが、未確認。
愛知産業では主将として活躍し、都市対抗にも進んだ。

攻守ともに堅実なプレーが売りであったらしい。
近鉄入団時は既に31歳と歳であり、たいした成績を残せず、2年で退団している。
レギュラー二塁手の山本静雄からポジションを奪い取ることはできなかった。
また、ふがいない成績を残していた三塁手、宝山省二からもポジションを奪えず。
どうやら、近鉄入団時には既に肩が弱っていたようだが、それが影響したのだろうか?
少なくとも、成績だけ見ると宝山よりはマシなのだが、既に高齢であったことも響いたのだろうか。


※参考文献 読売新聞 雑誌『少年クラブ』