職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

1950年近鉄パールス名鑑

 藤田監督の影響か、法政大学出身の選手が目立つ。
他に多いのは加藤春雄が在籍していた大日本土木の選手と函館太洋の選手。

30 藤田 省三 ふじた・しょうぞう 41歳     監督           

右投右打/55(167cm) 19(71kg)

甲南中学-法政大学-東京倶楽部-法政大学(監督)

 法政大学時代は捕手として活躍。その後、六大学の審判や母校・法政大学の監督などを務めてこの度、近鉄の監督に就任。法政大学時代は新人育成に定評があったため、六大学出身の新人ばかりを集めた近鉄での選手育成に期待がかかる。

28 加藤 春雄 かとう・はるお 32歳          外野手兼主将

右投右打/58(176cm) 20(75kg)

岐阜商業-明治大学-大日本土木

 アマチュア時代から常に四番を打ってきた選手で、本塁打王の期待もかかる。洗練された守備もよく、近鉄では中堅手として起用される見込み。弟二人も野球が上手なことでよく知られており、三男の加藤政一は今年、兄・春雄と共に近鉄に入団した。

10 香川 秀光 かがわ・ひでみつ 19歳             投手

右投右打/56(170cm) 16(60kg)

丸亀一高

 丸亀一高時代に甲子園に出場した四国を代表する投手。シュートがいい。

(この時の彼の背番号が1020かはっきりとしない。当時の新聞、名鑑では10になっており、20番は高塚がつけている。しかし、のちに香川が20、高塚が10に背番号を変更し、最近の資料では最初から香川が20、高塚が10を付けていたことになっている)

14 服部 はっとり・つとむ 26歳              投手

右投右打/55(167cm) 17(64kg)

宇治山田商業-法政大学-函館太洋

 関根の前に法政大学でエースとして活躍していた投手。函館太洋では主にリリーフとして投げていたが、あまり球威が無かったようだ。近鉄に入団して法政時代のピッチングが復活するだろうか。

15 五井 孝蔵 ごい・こうぞう 24歳              投手

右投右打/58(176cm) 18(67.5kg)

角館中学-立教大学

 立教大学時代に剛速球と打撃の良さで知られた選手。重い球とドロップを武器としていたが、最大の短所である制球難をなかなか克服できなかった。どちらかといえば素材型の選手で、プロ入り後にその制球難を克服できるかどうかに注目が集まる。

16 田中 文雄 たなか・ふみお 22歳              投手

右投右打/57(173cm) 175(66kg)

岐阜商業-大日本土木

 中原が南海に行ったあとに大日本土木のエースとして活躍していた投手。スピードはあまり無いが、コントロールがいい技巧派。打撃でもいいものを持っている。(後の武智文雄。この当時はまだ上手投げ)

17 沢藤 光郎 さわふじ・みつろう 30歳            投手

右投右打/54(164cm) 17(64kg)

盛岡商業-盛岡鉄道管理局

 ノンプロで活躍したサイドスロー投手。チェンジオブペースやシュート、カーブなどを武器に老獪なピッチングを披露する。盛岡商業時代はタイガースの白坂と共に活躍していた。

18 黒尾 重明 くろお・しげあき 23歳             投手

右投右打/56(170cm) 17(64kg)

都立化学工業学校-セネタース(東急)

 終戦後の1946年にセネタースに入団。エースとして四年間活躍し、今年近鉄に移籍した。伸びのある速球と鋭いドロップが武器。昨年はやや不調で最多敗を記録してしまった。それでも実績は充分にあるので、近鉄ではエース格として期待される。
黒尾

19 関根 潤三 せきね・じゅんぞう 22歳            投手    

左投左打/57(173cm) 16(60kg)

日本大学第三中学-法政大学

 法政大学を優勝に導いたサウスポー。先日行われたサンフランシスコ・シールズ戦でも延長13回を投げ抜く好投を見せた。(試合は4-2で敗北)

柔軟なフォームから繰り出されるインドロップとシュートを武器とする、頭脳派の投手。同僚の五井とは正反対のタイプだ。

8 芳村 嵓夫 よしむら・いわお 29歳            捕手

右投右打/56(170cm) 17(64kg)

甲陽中学-法政大学-中日

 甲陽中学時代に甲子園出場。法政大学では関根とバッテリーを組んでいた。今回中日から移籍したのは関根が入団したため?正捕手の座をつかむためには打撃をなんとかするべきだろう。
芳村

11 室川 光男 むろかわ・みつお 21歳             捕手

右投右打/55(167cm) 14(52.5kg)

長野商業-法政大学

 法政大学時代は一塁手を務めていたが、近鉄では捕手に転向。即戦力として活躍するのは難しいだろう。


20 高塚 峯治 たかつか・みねはる 18歳            捕手

右投右打/555(168cm) 16(60kg)

岡山一高

 高校卒業と同時にプロ入りした新人捕手。室川と同じく、しばらくは勉強の年になりそうだ。

2 宍戸 善次郎 ししど・ぜんじろう 25歳          内野手

右投右打/55(167cm) 17(64kg)

福島中学-日東紡福島-法政大学

 大学入学前にノンプロにいた選手。遊撃手としての守備はいいが、鎖骨を折って以来、肩が弱くなってしまった。

3 坂本 埴留 さかもと・しげる 28歳             内野手

右投右打/55(167cm) 155(58kg)

日大三-巨人-大塚アスレチックス

 日大三中時代に甲子園に出場、その後巨人軍に入団し二塁手として活躍した選手。終戦後は国民リーグ大塚アスレチックスに入団し、ここでも二塁手を務めた。新人選手が多いなかで、実績のあるだけに期待されるだろう。坂本茂

5 加藤 政一 かとう・せいいち 27歳             内野手

左投左打/565(171cm) 19(71kg)

岐阜商業-明治大学-鐘紡高砂

 加藤三兄弟の末弟で、主将・加藤春雄の実弟。鐘紡高砂では四番を打っており、近鉄でもその打力に期待がかかる。守備では一塁手としての起用が中心か。

6 島方 金則 しまかた・かねのり 32歳            内野手

右投右打/565(171cm) 16(60kg)

松本商業-立教大学-今泉産業-小口工作

 小口工作では名遊撃手と呼ばれたベテラン選手。打撃もよく、主に三番を打っていた。攻守ともに頼りになる存在だ。

7 永田 隆次 ながた・りゅうじ 31歳             内野手

右投右打/55(167cm) 17(64kg)

岡崎中学-日本大学-愛知産業

 日本大学時代は東都きっての名内野手と呼ばれた。愛知産業でも主将としてチームを都市対抗に導いた選手。ただ、年のためか肩が少し弱くなってきた。近鉄では二塁手として起用される見込み。

9 山本 静雄 やまもと・しずお 28歳             内野手

右投左打/55(167cm) 16(60kg)

明石中学-法政大学-豊岡物産-中日

 ノンプロ時代から守備の良さで知られていたが、中日に入団してもその守備の良さはかわらなかった。守備だけでなく、打撃でもいいものを持っているが、変化球を苦手としているようだ。山本静雄

12 宝山 省二 ほうざん・しょうじ 23歳           内野手

右投右打/56(170cm) 16(60kg)

広島商業-明治大学

 明治大学で主将を務めた選手。大学時代、攻守ともに華やかなところを見せたが、時々ピンチで目立つエラーをしてしまうことがあった。どうにも気が弱いのが原因か?いいものを持っているだけにもったいない。

22 森下 重好 もりした・しげよし 29歳           外野手

右投右打/58(176cm) 19(71kg)

甲陽中学-法政大学-大陽

 大学時代まで速球投手として活躍し、プロ入り後は野手に転向した選手。今年、田川と共に近鉄に移籍した。大陽では長距離打者だったが、いまいち打率が低かったので、今年は確実性を重視できるようになれれば。森下重好

23 伊藤 利夫 いとう・としお 27歳             外野手

右投右打/56(170cm) 16(60kg)

岐阜中学-早稲田第二高等学校(早稲田大学)-大日本土木

 大日本土木では三番を打ち、都市対抗に四度出場した選手。打撃の良さが光る。

25 山下 やました・ゆずる 24歳              外野手

右投右打/54(164cm) 17(64kg)

日大三-法政大学-函館太洋

 元々は捕手だったが、打力を買われて外野手に転向した選手。ただ、近鉄は捕手の人材が不足しているため、捕手を守ることがあるかもしれない。

26 田川 たがわ・ゆたか 31歳               外野手

右投右打/56(170cm) 182(68.2kg)

呉港中学-法政大学-南海-太陽

 呉港中学時代に藤村(タイガース)とバッテリーを組み甲子園に出場。法政大学でも活躍し、戦後は南海に入団した。その後、太陽に移籍し、この度近鉄に入団。とにかく打撃がいい選手で46年には首位打者を争ったほど。右打ちを得意としている。
田川

※参考文献 読売新聞 雑誌『野球界』『少年クラブ』『ベースボール』