職業野球を追いかけて

引退したプロ野球選手を紹介するブログです。主に戦前・戦後直後から現在のプロ野球まで幅広く扱います。

関根潤三と好対照な二刀流、五井孝蔵

1950年、この年に創立された近鉄パールスに、関根潤三五井孝蔵という二人の新人選手が入団した。
関根潤三はよく知られている選手だが、五井孝蔵はあまり知られていない選手だろう。
ところがこの五井という選手、野球人生を関根と比べてみるとなかなかに面白い。


五井 孝蔵  ごい・こうぞう
1925年生まれ 秋田県出身
身長:5尺8寸(176cm) 体重:18貫(67.5kg)
右投げ右打ち 角館中学-立教大学-近鉄パールス(1950年~1954年) 

五井
五井打撃

五井は立教大学時代から剛速球と打撃の良さが知られている選手だったが、荒削りで未完成な部分も多かった。
そのため、立教ではエースとして投げるもそこまでの活躍はできなかったようだ。

大学卒業後、1950年に作られた近鉄パールスに入団。
この年の近鉄は六大学を卒業した新人選手が多く、その中には後に大洋、ヤクルトで監督を務める関根潤三の名前もあった。

五井は重い速球と鋭く曲がるドロップを投げるが、コントロールが悪く、まだまだ荒削りな素材型右腕投手。
一方の関根は、柔軟なフォームからインコースに食い込むドロップとシュートを武器とする完成された技巧派左腕投手。
この二人の新人は実に対照的であり、新聞や雑誌などで時々比較されることがあった。

関根は初年度こそ、4勝12敗の成績に終わったものの、その後どんどんと成長し1954年には16勝をあげるまでに育つ。
また、本職ではない打撃の方の成績もよく、代打で起用されることもたびたびあった。
一方の五井は課題である制球難のためか、なかなか成績が安定しない。
一年目は37試合に登板し、3月31日の毎日戦で初完封を達成するなどの活躍を見せるが、二年目はわずか7試合の登板に終わる。

ところが、五井も関根に負けない長所を持っていた。打撃だ。
一年目に投手でありながら、3本の本塁打を打つなどの活躍を見せ、7試合の登板に終わった1951年にも.242 1本の活躍。
この年はなんと3試合に4番レフトでの出場まで果たしている。
さらに翌年の1952年には投手として40試合に登板しながら打者としても125打席に立ち、打率.344の好成績を収めた。
ここまで来るともはや野手顔負けの数字だ。

首脳陣もそう思ったのだろうか、次の1953年に五井は本格的に野手に挑戦し、三塁への転向をはかる。
二刀流を辞め、野手一本で行こうというわけだ。
前年に三塁手のレギュラーを務めていた宝山省二がさっぱり打てず、エラーを連発していたがための三塁手転向だったのだろう。
結局、この年のシーズン途中で宝山は東急にトレードされている。

ところが、この三塁転向は失敗だった。前年に3割以上打った打率は.247という数字に終わる。(もっともこのシーズンの近鉄のチーム打率は.246なので一応、チーム平均以上は打っているのだが)
そして、それ以上に酷かったのが守備だ。
101試合で三塁を守り41失策。これは宝山よりも酷い数字だ。 
これではなんのために宝山を放出してまで三塁に転向させたのかわからない。

翌年の1954年、五井は早々に三塁手の道をあきらめ、再びプレートに立つことを決意する。
開幕前から制球難の克服を課題にあげ、練習を続けたが、もうこの時点で首脳陣には全く期待されていなかったようだ。当時の新聞には「芥田監督からは期待されていない」と書かれている。

その証拠に五井はこの年わずか11試合の登板に終わると、シーズンオフには高橋ユニオンズへのトレードを宣告される。
ところが、五井はこのトレードを拒否。任意引退の扱いとなり、そのまま球界から消えていった。

五井は結局、投手としても野手としても中途半端なまま、球界を去ることになってしまった。
高橋ユニオンズとのトレードを断っていなければ…とは思うが、この時点で既に五井本人の気持ちも切れてしまっていたのだろう。

一方の関根はその頃、エースとして活躍。53年に10勝、54年に16勝、55年に14勝 をあげ、投手としてオールスターにも選ばれている。
さらに関根は投手として65勝をあげたあと球団に請われ、野手に転向。
野手としても関根は一流の成績を残し、通算1000本安打を果たしている。

立教・法政、右腕・左腕、速球派・技巧派、素材型・完成型。
五井と関根は同期入団、二刀流という共通点を持っていたが、それ以上の相違点を持っていた。 
そして、五井は関根と比較されながらも、 ついぞ関根に勝つことはできなかった。
※参考書籍 読売新聞 雑誌『野球界』 スタメンアーカイブ ベースボールマガジン